So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

レッドタートル ある島の物語 [映画:ら行]

どこから来たのか どこへ行くのか いのちは?

160914.jpg


スタジオジブリ初の海外共同製作作品。

観終わった直後は「へ〜」って感じだったのですが、
時間が経つにつれてジワジワと沁みてくる。

全編セリフ無し、ナレーション無しで進む物語なので、捉え方はひとそれぞれ。
観た人の数だけ解釈があり、観るたびに感じ方が変わりそうな作品。

とにかく景色が圧倒的に美しく、
構図も含めて「人間も自然中の一部」という印象がずっと続く。

晴れた日も嵐の日も、昼も夜も、、、日が昇り、やがて夜が来て繰り返される日々。
ある意味ただそれだけなのだけど、なんだかそれが、とても美しく感じられました。

これが「生きる」ということなのかな。

鑑賞後、小さなお子様が「ちょっと怖かった」と言っていて、
物事の本質を描いたものや美しいものって何か怖いというか、おののく感じよね、、、
さすが子供の感性は鋭いなぁ。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ルーム [映画:ら行]

はじめまして、「世界」。

160402.jpg

7年間の監禁生活から社会に適応していく親子を描いた物語。
個人的にこのような事件は、犯人の身勝手さが本当に腹立たしくて、
あの状況の中で7年間「逃げる」という希望を捨てずにいた主人公の
精神力の強さは素晴らしく、脱出を決行した勇気も、どれだけ怖かっただろうか、、
と考えると泣けてくる。

こういう事件があると「なぜ逃げなかったのか?」
という愚問を聞くことがあるけれど、その答えは「生き抜くため」で、
それ以外に理由なんてないじゃないかと映画を観て改めて感じました。

彼女の監禁生活の中での希望は息子のジャックで、
「部屋」で暮らす二人はまるで双子みたい。
二人で一つのような親子が、外に出たことでそれぞれが
別々の人間に見えてくる過程がすごかった。

個々のアイデンティティーを取り戻していくことは大切なことだけど、
二人にとってはとても過酷なことだったのではないかという気がする。

ジャック役のジェイコブ君の演技が本当に素晴らしく、
彼が戸惑いながらもどんどん「世界」を受け入れて成長していく様子は、
若葉がすくすくと育っていくようで、
この辛いテーマの映画の中でキラキラした清涼剤になっていました。

やっぱり子供は「希望」の象徴ですね。


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ボーダーライン [映画:は行]

その善悪に境界(ボーダー)はあるのか

160324.jpg

「その善悪に境界(ボーダー)はあるのか」
のキャッチコピーがしっくりくる作品。

メキシコの麻薬カルテルを撲滅するため
特殊部隊に参加することになったFBI捜査官のケイト。
彼女が物語の中で見たり感じたりすることをそのままに
映画を見ながら体験しているような気持ちになります。

麻薬戦争の現実に驚愕して翻弄されて
そのリアルな描写は悲惨で、作戦は謎だらけで全貌が見えず
絶えず不安感がつきまとい、疑心暗鬼になっていく、、、

ある意味「正しい人」であるケイトの中の常識や正義は
果たして本当に、この麻薬戦争を解決する「正しい」方法なのか?
と分からなくなってくる。。

世の中、その立ち位置や状況や目的によって、
常識や善悪も変わってくる。

あの現実の当事者になったときに、私はその境界を超えるだろうか、、
私の境界はどこだろう。。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マドンナ「Rebel Heart Tour」@さいたまスーパーアリーナ(2月13/14日) [音楽]

160221.jpg

マドンナが日本に来た!10年ぶりに!
※10年前の感想はコチラ

「動けるマドンナ」が日本で観れるのは最後かも
とか言ってごめんなさい。
ますますパワーアップした奇跡の57歳。
相変わらずの素晴らしいパフォーマンスでした☆

今回はラッキーなことに2日間続けて観に行けました。
なんて贅沢な2日間。
毎回マドンナのコンサートに行くとすごいパワーのシャワーを浴びて
とっても元気になって、心の中に沢山お土産もらって帰って来る感じなので
フル充電されて帰って来ました!幸せな2日間でした。

やっぱりマドンナはスーパースターだなぁ。
ステージに出てきただけでチケット代の元をとった気分になる。

私は熱心に新譜や動向をチェックするようなファンではないけれど
生まれて初めて自分のおこずかいで買ったCDはマドンナで、
子供ながらにマドンナから受け取った精神は、ずっと私の心の中にあって、
その時からずっと、彼女の存在自体に励まされてきた気がする。

「Burning Up」から「Rebel Heart」まで
彼女の根本のメッセージは常に一貫していて、
強い心と深い愛を武器に戦い続けてきたんだなぁ、と思ったら泣けてきた。

彼女と同じ時代に生きれてよかった。
こんなアーティストはなかなか現れないだろうな。
マドンナは、ずっと生きてて欲しいな。。と思ったりした。

今回のワールドツアーは、もうすぐ終了。
次回はどうなるんだろう?
マドンナがツアーをやる限り見に行きたい!海外でも!


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オデッセイ(2D字幕版) [映画:あ行]

70億人が、彼の還りを待っている。

160126_4.jpg


火星でサバイバルする主人公の救出作戦にハラハラドキドキしつつ、
宇宙飛行士の仲間たちの絆にホロリとしたり、
上映時間141分を満喫しました。
マット・デイモンはやっぱり凄かった!

そしてなによりも音楽がサイコーです!
随所に流れるディスコサウンドが場面とリンクしてて
GG賞で「ミュージカル・コメディ部門」にノミネートされていたのも納得。
グロリア・ゲイナー、ドナ・サマー、デビッド・ボウイ、、
この名前にピンとこない人でも聞けばわかる曲ばかり。

この時代の曲は、本当にパワーと希望が満ち溢れてる。
音楽のパワーが映画全体をポジティブなものにしています。音楽ってすごいな。
最悪の状況でも音楽に励まされながら生き抜こうとする主人公と同じように、
観ているこちらも明日からまた頑張れる!って気持ちになってくる。

「どこかで必ず全てが上手くいかなくなるときがくる。 後はそこで諦めるか、それとも乗り越えるかだ。」

主人公のこの言葉。人生の教訓にしたいです。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブラック・スキャンダル [映画:は行]

暴かれる!FBI史上最も黒い闇

160126_3.jpg

久々にふざけてないジョニー・デップが観れる作品。
表情とか仕草とかで主人公の怖さを表現するのはさすが!
やっぱりジョニー・デップってすごいな〜。

そして周りを固める役者さんが
本当にイイ顔した人ばっかりで素晴らしかったです。
good job!

FBI捜査官役のジョエル・エドガートン
チンピラ役のジェシー・プレモンスは本当に絵ぢからありました。
「CSIマイアミ」のスピードル役だったロリー・コクレーン
久々に見たけど、すごくイイ顔になってたなー。

お話は実話なりの重さがあるけど、ちょっと退屈。
南ボストンの地域性とか、独特の人間関係とかが
日本人にはイマイチ理解しきれないところがある気もします。
暴力描写もふんだんにあるので、苦手な人は要注意!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

パディントン(吹き替え版) [映画:は行]

このクマ、ちょっと野生でとっても紳士!?

160126_2.jpg

安心して家族で楽しめる映画でした。
こういう映画は久しぶりに見た気がするな〜。ほっこり。

ドタバタのコメディ部分は笑えたし、
わかりやすい悪者とみんなで力を合わせて戦うという
シンプルで王道な物語
その裏には「移民問題」をテーマにしていて、
大人の私は楽しく見ながらも、そのことについて考えてみたり。
難しい社会問題を、こういう形で見せられるといいですね。

吹き替えの俳優さんたちも、ご本人の顔が浮かばず上手だったと思います。

個人的にはOREOの成分当てクイズをやってた
警備員の二人のくだりが一番のツボでした!
あのクイズ私もやりたい☆



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブリッジ・オブ・スパイ [映画:は行]

その橋を踏み外せば世界が終わる。

160126_1.jpg

硬派な方のスピルバーグ作品。
実話をベースにしているだけあって、物語の重みがすごいです。
つい最近の話でもあるんですよね。。
ベルリンの壁、冷戦、、近代史として知らなければいけない史実を
映画を通して改めて勉強した気がします。

久々にトム・ハンクスの映画を見ましたが、彼が持つ人間力が、
この主人公の行動の説得力になってた気がします。
やっぱり彼はイイ役者さんですね。

そしてなによりスパイのアベルを演じた
マーク・ライランスが本当に素晴らしかった!
彼の演技なくしてこの映画は成立しなかったと言っても過言ではないくらい。

ちょっと長めの上映時間も感じさせない映画でした。
スピルバーグ監督×T・ハンクス主演×コーエン兄弟脚本×実話。
さすが鉄板です。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2D字幕版) [映画:ま行]

お前のMADが目を覚ます

150609_1.jpg

マッドマックスは観てないし、マッチョな世界観の作品は好きじゃないのだけど、
この映画はすごかった!とにかくすごかった!
そして大好き☆

101006_3.jpg

乾いた砂漠の中に登場する独特なデザインのマシンやキャラクター達は
平和じゃないバーニングマンみたいで、
その世界に強烈に魅きつけられました。
ほとんどCG使ってないとか。。
そのアナログさが映像に厚みと味と深みをだしてるのかも。

150609_2.jpg

映像の凄さもさることながら、音楽が抜群に良かった!
さらにストーリーもしっかりしていてびっくり!
いつの時代も、破壊するのは「男」で創造するのは「女」なのね。。
物語の中のフェミニズム感がマッチョだけじゃない印象になっている気がする。

101006_4.jpg

役者もみんな良かったな〜。
そんなにセリフもないのにキャラクター達に感情移入できた。
特にシャーリーズ・セロンをはじめとする女優陣はかっこよかったしハマってた。
レニー・クラヴィッツの娘のゾーイ、エルヴィス・プレスリーの孫娘のライリーなど
5人の妻たちも超豪華☆そして美しかった〜。

とにかく、
絶対的に映画館の大画面&音響で観ないともったいない!
私ももう一度IMAXデジタル3Dで観ます!

------------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/
原題:Mad Max: Fury Road
監督:ジョージ・ミラー 脚本:ジョージ・ミラー/ブレンダン・マッカーシー/ニコ・ラサウリス
音楽:ジャンキーXL
トム・ハーディ /シャーリーズ・セロン/ニコラス・ホルト/ヒュー・キース・バーン
ロージー・ハンティントン=ホワイトリー/ゾーイ・クラヴィッツ/アデレイド・クレメンス

------------------------------------------------------------------------
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

メイズ・ランナー [映画:ま行]

その「迷路(メイズ)」は、どこまでも迫ってくる。

150512_1.jpg

壁のビジュアルが大きくて不気味でドキドキ☆
少年たちが独自にコミューンを展開してて
15少年漂流記的な甘酸っぱさにニヤニヤ
さすがティーン小説原作だけある設定と展開。
逆に小説はどんな感じであの壁が描写されてるのか気になる。

「ハンガーゲーム」とか「ダイバージェント」
好きな人はストライク!かも。
さらに「CUBE」「LOST」「バイオハザード」を足して割った感じ。

2部につながるラストが「んーーー」って感じだっただけに、
次回作を観るかどうかは微妙なところ。

------------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://www.foxmovies-jp.com/mazerunner/home.html
原題:The Maze Runner
監督:ウェス・ボール 脚本:ノア・オッペンハイム
ウィル・ポールター /カヤ・スコデラーリオ/パトリシア・クラークソン/トーマス・サングスター
ディラン・オブライエン/アムル・アミーン/キー・ホン・リー/ジェイコブ・ラティモア

------------------------------------------------------------------------

☆本は気になる

メイズ・ランナー (角川文庫)

メイズ・ランナー (角川文庫)

  • 作者: ジェイムズ・ダシュナー
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/04/25
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -
メッセージを送る