So-net無料ブログ作成
検索選択

パンズ・ラビリンス [映画:は行]

「だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。」



なんだかとっても「血」の香りのする映画

ファンタジー♪と思って観ると、度肝を抜かれます。
現実感80%。ファンタジー感20%。

でも、ファンタジーはリアルの裏にあって、
陰陽の様なものなんだ、、と気づかされる。

主人公のオフェリアが暮らす現実は、戦争・独裁主義、、
厳しい現実の世界から逃れる様に、
オフェリアの前にラビリンスの扉が開かれます。

でも、ラビリンスも決して美しい楽園ではなく、
そこにも過酷な試練が待っています。

現実とリンクしながら進むファンタジーの世界。

単なるおとぎ話ではなく、現実としてのファンタジーという、
すごい世界観。
でも、ファンタジーってこういうことなんだよね!と妙に納得☆

ファンタジーを必要とする人間の心理にも触れた様な大人な作品。

ところどころに挿入されてた「血」の表現が、「生きてる」こと、
「リアル」であることの象徴の様な気がして、印象に残ります。

少女は血を流し、大人になっていくのですね。。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 6

manimani

こんばんは
TBさせていただきました。

思い出す度にほっぺが痛くなる〜な作品です。

>少女は血を流し、大人になっていくのですね。。
おおっと、考えつきませんでしたね〜これは。
by manimani (2008-02-05 04:08) 

coco030705

こんばんは。
残酷な場面も多々ありましたが、やはりおもしろい映画だったと思います。オフェリア役のイバナちゃん、かわいかったですね。私はあの緑のドレスに白いエプロン姿が一番好きでした。
私もこの映画は単なるファンタジーではなく、現実世界そのものを描いた映画だと思います。幻想と現実の境界はあいまいなものと思っています。
TBさせていただきますね。
by coco030705 (2008-02-05 22:46) 

ジジョ

manimaniさん

こんにちは☆
あ〜、あのほっぺは痛かったですね、、、(^-^;
結構グロイ表現が多かったですが、美しい作品でした♪
by ジジョ (2008-02-06 00:29) 

ジジョ

coco030705さん

こんにちは☆
イバナちゃんあってこそ!の作品でしたね。
大人になる前の少女な感じが絶妙でした。
ファンタジーをこういう風に解釈した映画って無かった様に思うので、とても面白かったです☆幻想と現実の境界はあいまいですね!
by ジジョ (2008-02-06 00:33) 

non_0101

こんばんは。
オフェリアの冒険にドキドキでした☆
でも、面白かったのですけど、なんだか悪夢のように怖かったです。
新しいお父さんも、手の目玉お化けも怖い(T_T)
現実もファンタジーも怖いなんて…と思っていたのですけど、
だからこそ、ひしひしと迫ってくるものがあったと思います☆
by non_0101 (2008-02-10 00:49) 

ジジョ

non_0101さん

こんにちは☆
すごくダークな世界でしたよね(^-^;
現実を反映したファンタジーの世界はすごくリアルな感じがしました。私は手の目玉お化け好きなキャラですけどネ☆
by ジジョ (2008-02-12 00:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。