So-net無料ブログ作成

明日への遺言 [映画:あ行]

「愛する人へ遺したいものがある」

080301.jpg


第二次世界大戦終 戦後に行われた戦犯を裁く裁判。
B級戦犯として裁かれた岡田資(おかだたすく)中将の法廷闘争を描いたお話。

このあたりの史実には、まったくうとい私、、、

そんな私でも大丈夫なように、映画の冒頭は当時の映像や写真を使いながら、
日本軍のこと、米軍の攻撃のこと、さらりとおさらいしてくれます。

そのことをふまえながら、岡田資の裁判へ話が進みます。

ほとんど結果が決まっている茶番の様な裁判ながら、
岡田資は、自分の信じた正義を貫き、全責任をとり部下を守ろうとします。

死を恐れず、背筋を伸ばして凛と証言台に座る岡田資の姿は、とても潔い。

その姿から学ぶことはとても多いです。


この映画は、史実を元にしているのでセリフも裁判の記録そのままだそうで、
おそらく、様々なエピソードも殆ど脚色なく描かれているのだと思います。

なので、いわゆる映画的な盛り上がりはあまりなく、
ナレーションで補足をしながら、割と淡々と進んでいて本を読んでいるよう。


つまらなくは無いのだけれど、なんとなく感情移入できない感じ。

確かに、岡田資はすばらしい人物。
でも、すばらしすぎて、本当にこんなに立派な人だったのか??と
うがった見方をしたくなります。


と、おもいつつ映画を見終えたあと、ネットで偶然見つけた岡田資 本人の写真を見て、
そんな考えは吹き飛んだ。

写真から岡田資の意思の強さ、やさしさ、潔よさを感じました。
きっと、誰にも弱音を吐かず、凛としたまま
誇りをもってこの世を去ったのでしょう、、、

たった1枚の写真が彼の全てを物語っていました。
写真を見れてよかった☆




ながい旅 (角川文庫 お 1-2)

ながい旅 (角川文庫 お 1-2)

  • 作者: 大岡 昇平
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。