So-net無料ブログ作成
検索選択

ダージリン急行 [映画:た行]

「あした、僕たちはどこにいるんだろう」

080308.jpg


ウェス・アンダーソン監督らしい、ゆるゆる映画

父親の死後、疎遠になっていた3人の男兄弟がインドの旅に出ます☆

設定が「インド」ということが、この映画の大半を占めています。
派手な色彩、怪しげなオブジェ、おかしな人々、、、

ストーリーの方も、アンダーソンらしいトボけた会話と、
なんだそりゃ?な展開。

でも、すべてが「インドならありえるか、、」と思わせる、
この“インド力”のすばらしさ☆

タージマハールなんかの、観光インドとはまた違った雰囲気を楽しめるのもステキ。
どっぷりと、アンダーソンの謎の世界に浸れます。

人生は旅であり、止まったり進んだり。
その中で、いろんなことがあって、一緒に乗り合わせる人がいて、、
とにかく前へ進むのだ。何があっても☆


しかし、設定も映像もすごく好きなのに、
お話が今ひとつしまらなかったのが残念。。
同じ様な兄妹旅の『サン・ジャックへの道』の方がストーリー的には
分かりやすくて好きかも。


この映画、本編の前に3男の旅に出る前のエピソードがついているのですが、
これがすごくイイ☆ ナタリー・ポートマンがはまってます♪

この監督のセンスはすごく好き☆☆

ベタですが、本編にでてきたヴィトンの鞄は、やっぱりカワイイ!と思ってしまいました。
あーいう小道具にやられてしまうのよね、、、


http://microsites2.foxinternational.com/jp/darjeeling/





ライフ・アクアティック

ライフ・アクアティック

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 6

ken

オープニング、ビル・マーレィが出てきたとき、
ちょっと期待しちゃったんですよねえ。
だってすごく面白そうに観えたもん。
途中、列車を降りてもいいんだけど、ちょっとそれが長すぎたと思います。
ハナシにしまりがなかったのは同感。
by ken (2008-03-09 07:35) 

ジジョ

kenさん
そうそう!ビル・マーレー!!
冒頭でもっていかれましたよ〜。わくわくしました☆
確かに列車を降りてから、ぐだぐだしだした気がしますね。
ちょっと惜しい感じがしました。
by ジジョ (2008-03-10 00:20) 

睦月

初めまして!『カリスマ映画論』の睦月と申します。
TB&コメントありがとうございました!

≫すべてが「インドならありえるか、、」と思わせる、
この“インド力”のすばらしさ☆

そうそう!!
もうこの映画って、インドありきな感じでしたね。
おっしゃるように、いま一つ物語にしまりが感じられなかったのが
残念ではありましたけれど・・・そういうのも全部インド力が
カバーしてくれてたなあって感じがしましたです(笑)。

あのカバンってヴィトンだったんですねえ。
ジジョさんの記事で初めて知りました。

どおりで可愛らしいわけだわー!

by 睦月 (2008-03-11 23:36) 

ジジョ

睦月さん
こんにちは☆コメントありがとうございます!
アンダーソン監督はインドと相性が良かったみたいですよね☆
そう!あのカバンはヴィトンの特注らしいですヨ。
あんなカバンで旅したいです♪
by ジジョ (2008-03-12 03:20) 

バラサ☆バラサ

ご無沙汰しています。

話にしまりなかったですね。
幹になっているのは、何なのかなぁと。何か散漫だなぁと。

この監督、初なんですが、ウォン・カーウァイ同様、相性悪いかも。
by バラサ☆バラサ (2008-04-17 19:38) 

ジジョ

バラサ☆バラサさん
こんにちは☆
ゆるすぎました、、ね (^-^;
「感覚」で突っ走る感じがウォン・カーウァイと
似てるかもしれないですね。
私はこの2人に関しては、ストーリーは気にしない事に
しています☆


by ジジョ (2008-04-22 05:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。