So-net無料ブログ作成

キャピタリズム マネーは踊る [映画:か行]

こんな世界に誰がした!?

100119.jpg


先日『ブルー・ゴールド 狙われた水の真実』を観て思ったコト。

やっぱり、ドキュメントって勉強になるな〜☆

ま、私の勉強不足、、、ということもあるんですけど^^;
知らない情報、よく分からないニュースを図解してあるのは
やっぱりわかりやすい☆


、、、という事で、スルーしかけたマイケル・ムーア監督の映画を鑑賞。
スルーしかけた理由はテーマの“キャピタリズム”。。
資本主義って、、、経済のお話は直接自分の生活に関わる。。とは
わかっていながらも、ちょっと複雑すぎて話を聞くだけで思考停止に、、(-_-)

映画の方は、あいかわらずアップテンポにどんどん話が進んで行くので、
テンポ良くておもしろいけど、ときどき置いてきぼりになりそうな部分も多々。。

でも、ニュースだけでは分からない、実際のアメリカ市民の状況などは、
一番自分と近い部分の話なので、分かりやすいし共感しやすかったな〜。

-------------------------------------------------------------------

映画的にはおもしろかったんだけど、
いままでみたいに、なんかスッキリ!するものが無かったのが残念。

資本主事って、テーマが漠然としてるというか、守備範囲がひろすぎて、
怒りの矛先も、ちょっとあいまいな感じ。。
やっぱりムーア監督は、もう有名人だから昔みたいな“突撃!”はできないし、
(マイケル・ムーアと名乗っただけで電話切られてたww)
ウォール街で「僕たちの金を返せ!」と叫ぶのも、
単なるパフォーマンスに見えちゃった。。

『ボウリング・フォー・コロンバイン』みたいに
事件の被害者と一緒にKマートに直談判して銃弾の販売をやめさせたり、
『シッコ』みたいに、高い薬を買えない9.11のボランティアを
キューバに連れてって安く薬をかったり、、

そういう“市民がムーアと一緒に立ち上がって解決する”
ようなものが今回の映画でも欲しかった☆
そういうの。観てるこちらは、なんかスッキリするんだけどな。


とはいえ、この映画観て「ちょっと勉強しよう、、^^;」と思って、
本も買いましたw
そういう興味をかき立ててくれたのは、ムーア監督の映画のおかげ☆
やっぱり観てよかったな♪


-------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://www.capitalism.jp/
原題:CAPITALISM: A LOVE STORY 監督:マイケル・ムーア
制作総指揮:キャスリーン・グリン、ボブ・ワインスタイ 、ハーヴェイ・ワインスタイン
脚本:マイケル・ムーア 音楽:ジェフ・ギブス
マイケル・ムーア

-------------------------------------------------------------------

☆さすが「週間こどもニュース」。私にはちょうどイイ感じ♪

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: 角川SSコミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/11
  • メディア: 新書


nice!(15)  コメント(20)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 20

Flatoutcool


ご訪問ありがとうございます(感謝!)


by Flatoutcool (2010-01-20 04:53) 

non_0101

こんにちは。
勉強になりましたね~!
お勉強の嫌いだった私は映画で社会と歴史を学んでいる気がします(^^ゞ
“市民がムーアと一緒に立ち上がって解決する”ところは無かったですね。
やっぱり動きにくくなってしまったのかも知れませんね。
ちょっと大人しくなってしまった感じがしましたけど、
次作は一体どんな問題に取り組むのかはやっぱり楽しみです☆
by non_0101 (2010-01-20 12:54) 

ken

映画を観た後のアクションがnice!です。
映画で完結される問題ではなく、我々が補完すべき物語だったと思います。
by ken (2010-01-20 16:46) 

ムース

ご訪問 nice 大変ありがとうございます。
by ムース (2010-01-20 21:06) 

hash

>“市民がムーアと一緒に立ち上がって解決する”
何か物足りないなぁという思いは、ここだったと気付きました。^^
by hash (2010-01-20 22:50) 

バラサ☆バラサ

飽食の象徴みたいな肉体なので、正義を叫んでも説得力に欠けるのが顕著になってきました。
色々と勉強になるのですが、100%鵜呑みにできない感じがします。
面白いのですけどね。
by バラサ☆バラサ (2010-01-21 03:21) 

ちょいとおまえ

この映画で描かれている事を調べるのにどれぐらいの人が関わっているんだろう?
恐らくマイケル・ムーアの周りに優秀なスタッフが大勢いて、そのチームが日々様々なネタを追いかけている。
って事を想像しながら観ていました。
by ちょいとおまえ (2010-01-21 19:20) 

ジジョ

Flatoutcoolさん

こちらこそ、ご訪問ありがとうございます!感謝☆
by ジジョ (2010-01-22 09:20) 

ジジョ

non_0101さん

わたしも映画で知る事多いです、、^^;
いいのか悪いのか。。。
ムーアには、いつまでもハチャメチャな事
やって欲しいんですけどね〜。次作はあるのかな〜?
by ジジョ (2010-01-22 09:22) 

ジジョ

kenさん

あまりにも知らないコトが多すぎました、、^^;
たぶん、本を読んでやっと一般レベルです。。
「みんなで考えよう!」ってムーアも言ってましたものね☆
by ジジョ (2010-01-22 09:25) 

ジジョ

ムースさん

こちらこそご訪問ありがとうございました☆
by ジジョ (2010-01-22 09:25) 

ジジョ

hashさん

ハチャメチャなムーアの解決策が毎回楽しみだったので^^;
今回はちょっとさみしかったデス。。
もしお金返してもらえてたら、どうなってたんだろう??
by ジジョ (2010-01-22 09:27) 

ジジョ

バラサ☆バラサさん

そうですね〜。あくまでもムーアの意見ですからね。
一つの情報としてとらえて、自分で考えるのが大事かと。。
いろんな側面がありすぎて、ムーアの意見も曖昧でしたが、、^^;
by ジジョ (2010-01-22 09:30) 

ジジョ

ちょいとおまえさん

きっと、優秀なスタッフがたくさんいるんでしょうね〜。
他にどんなテーマが検討されてたのかも気になります☆
by ジジョ (2010-01-22 09:32) 

duke

見てないんですけど^^; アメリカ式の利己的な資本主義が問題だ、って話ですよね?(違う?)マネーゲームの批判かな。
なんというか・・敵がでかすぎて市民と戦うっていうレベルじゃないのかな~??

by duke (2010-01-22 18:36) 

oceanbridge

ジジョ様、niceとコメントをいただき、ありがとうございます。
私も、この映画で、シッコなどのような実践的な内容が無かったのは少しもの足りませんでした。ただ、みんなが思っていてもなかなかおおっぴらには言ってなさそうな意見を言っているので、良いと思いました。アメリカのことはよく分からないのですが、資本主義(という名を借りた強欲資本主義)に反対を唱えるだけで、共産主義者だとレッテルを貼られ、標的にされてしまうのではないかと思えます。
by oceanbridge (2010-01-22 20:54) 

ジジョ

dukeさん

そうそう。おっしゃる通りの感じです☆
経済問題って、誰が敵とか一概に言えない感じで、
なんかその辺が微妙にあいまいでした^^;
とりあえず、相変わらずブッシュは嫌いみたいです。
by ジジョ (2010-01-23 02:04) 

ジジョ

oceanbridgeさん

なるほど〜。どんなことがあっても「共産主義はちょっと…」
って感じでしたものね☆
その辺の意識の感覚も、日本人にはわかりずらいですね。。
そういう感覚の違いも見ていて楽しいところだったりも
するんですけどね。
by ジジョ (2010-01-23 02:11) 

丹下段平

ようやく観ました。話し上手な大学教授の講義を聴いたような気がしました。
by 丹下段平 (2010-01-31 02:31) 

ジジョ

丹下段平さん

お勉強になりました!って感じでしたね☆
自分の知識の乏しさに驚愕でした、、、^^;
by ジジョ (2010-01-31 22:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。