So-net無料ブログ作成
検索選択

猿の惑星:創世記(ジェネシス) [映画:さ行]

進化は、彼らを選んだ

111024_1.jpg


高度な知能を持った猿に支配される世界を描き
衝撃的なラストが今も語り継がれる『猿の惑星』

その後制作されたシリーズ版の更にその前。
「なぜ猿が地球の支配者となったのか?」を描いた今作。

シリーズ版も全然観てないし、1作目もうろ覚え。
少々不安な鑑賞だったけど、おもしろかったです☆

きっと、シリーズ版などに続く伏線が
いろんなところにあったんじゃないかな〜?
わたしは分からなかったけど。
予習した方がより楽しめるんじゃないかと思います。


111024_2.jpg

物語はサンフランシスコが舞台。
チンパンジーを使った投薬実験が全ての始まりです。

薬の開発も痴呆症の父を治したい息子の熱意だったり、
産まれたばかりのチンパンジーを家で育てたのも優しさだったり、
はじまりは悪意の無いものだったのに、
いつしか、そこにエゴが生まれることで、全てのバランスが崩れていきます。

なによりも、人間のせいで複雑なアイデンティティをもってしまった
猿のシーザーの苦悩と葛藤の物語、、切ない。。


111024_3.jpg

シーザーが後の猿の世界のリーダーとなる、、ということなので、
彼が率いる反乱を起こした猿たちが人類を支配して終わり、、、かと思いきや、
シーザー達が選んだ道は、よりクレバーなものでハッ!としました。

彼が求めたのは、本来の自分のあるべき姿。そして自由。
ただそれだけだったことが、泣けます、、

彼らは「人間を支配しよう」なんて
これっぽっちも思ってなかったんですね、、

なのに、人間でば大騒ぎして、自滅して、、、
人間て、愚かだな。。としみじみ感じてしまいました。


111024_4.jpg

そして、やっぱりすごかったのは猿☆
アバター』のWETAデジタルによるCGIとやらがものすごかった!

パフォーマンス・キャプチャーでシーザーを演じたのは
『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムで有名なアンディ・サーティス
もう、彼は本当に職人芸ですね〜。

あんなに可愛かった猿が数年後には、もはやおっさん状態で笑えたし、
あの絶妙な悲しい顔はみてるだけで泣けてくるし、
戦う時の勇ましい顔とか、猿なのにキメキメのショットで
そのバランスが妙に可笑しくて、ほんとーに心奪われました☆

シーザー最高!です。

悟りを開いたようなオランウータンも味があってよかったなー。

対する人間は檻の管理係を演じたトム・フェルトンの悪役っぷりが最高でした☆
ほんとに憎いっ☆ いやなヤツで、
あんなに嫌な人を演じられる人って素晴らしいと思います。


ちゃんと他のシリーズも見てみようかな。
、、と思えるエピソードゼロ。
良い作品でした^^


------------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://www.foxmovies.jp/saruwaku
原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES
監督:ルパート・ワイアット  製作総指揮:トーマス・M・ハメル  音楽:パトリック・ドイル
ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/デヴィッド・オイェロウォ/タイラー・ラビーン

------------------------------------------------------------------------

☆原作

猿の惑星 (創元SF文庫)

猿の惑星 (創元SF文庫)



☆シリーズ全部入ったBOX

猿の惑星 DVDマルチBOX (初回生産限定)

猿の惑星 DVDマルチBOX (初回生産限定)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 5

堀越ヨッシー

こんにちは。
オランウータンの目が良かったですね、つぶらで(^皿^)。
あと、ゴリラの友情に泣けました....。
なにより、シーザーが「NO!」と叫んだ場面では、号泣してしまったオイラでした(苦笑)。
 
確かに続編が出来そうな終わり方でしたけど、オイラ的には作らなくてもいいかな?と思います。変な続編を作られるより、各自がその後の世界について色んな想像を膨らませた方が、より楽しいですもん。
by 堀越ヨッシー (2011-10-25 10:16) 

aneurysm

旧作と本作は、あんま関係ないと思います。
(気付かなかっただけかもしれませんが)
知ってると一瞬クスっと笑える場面が一か所だけありました。
(お猿さんが模型作ってるシーンだけ)

でも、今から旧シリーズ観るのでしたら
あまり期待せずに観た方がいいかもしれません。
なんせ古い映画ですからね(^^;
by aneurysm (2011-10-25 11:53) 

ジジョ

堀越ヨッシーさん

はい。もうオランウータンとゴリラのタッグとか、
ほんとーに見ててワクワクしました☆
「NO!」の場面もすばらしかったですねーー。
間といいタイミングといいカタルシス!って感じのキメ場面☆
そうですね続編は無くてもよいかも。
このスタッフでこういうノリで違う作品作ってほしいです^^

by ジジョ (2011-10-25 13:27) 

ジジョ

aneurysmさん

あんまり関係ないんですか!?
そっかー。あの模型的な感じのものが
ちょいちょいあるんじゃないかと思ったりして、
わからなくて悔しいなーと思ってました^^
今作を見た後だと、猿の造形とか笑っちゃいそうですね。
でも、それも味わい深いですよね〜。
、、って気持ちで見てみたいと思います☆
by ジジョ (2011-10-25 13:31) 

日本インターネット映画大賞

突然で申しわけありません。
現在2011年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票は1/19(木)締切。
ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。

なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。
by 日本インターネット映画大賞 (2011-12-27 17:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。