So-net無料ブログ作成

美女と野獣(実写・フランス版) [映画:は行]

野獣の秘密、ベルのあやまち。

141112_1.jpg

ディズニー長編アニメや劇団四季の舞台など
いろいろな形で語り継がれる「美女と野獣」
元々はフランスの民話なんですね。

今作は、物語の原点でもあるフランスで制作された
異才クリストフ・ガンズ監督の実写版。

ディズニーや四季とはまったく違う、
ヨーロッパの香りのする作品になっていました☆

141112_2.jpg

物語のキモはなぜ王子は野獣に身を落としたのかという
野獣の過去の物語です。
「マレフィセント」も、その行動の理由を解く構成でしたよね。
こういうアプローチが流行っているの?

王子が犯した罪と罰、、、
これはディズニーとはまったくの別物ですね。
全体的に大人な感じです。

141112_3.jpg

それはいいのだけれど、やっぱりベルと野獣のラブストーリーだけは
しっかり描いてほしかった。。。
いろいろな要素がありすぎて、ベルが野獣に魅かれる課程も説得力なく、
一番肝心な部分がぽっかり抜けてて、本当に残念。
物語の展開は、本当に退屈です。

だけど、映像は細かい部分も美しかったです☆
全体的に暗いのだけど、それもヨーロッパっぽい感じもするし。
唯一でてくる癒しのキャラは犬なのだけど、
変身した彼らが、ちゃんと出てる部分がなかったのも残念だったなー。

141112_4.jpg

ベルを演じたのは『アデル、ブルーは熱い色』で
青い髪の美大生エマ役だったレア・セドゥ
ファンタジーがよく似合ってて、お姫様な感じがすてきでした☆

そしてアメリカ版の「美女と野獣」もエマ・ワトソン主演で進行中。
ギレルモ・デル・トロ監督が降板したのは残念だけど、
こちらも公開が楽しみな作品の一つです☆

------------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://beauty-beast.gaga.ne.jp/
原題:LA BELLE ET LA BETE/BEAUTY AND THE BEAST
監督:クリストフ・ガンズ 脚本: サンドラ・ヴォ=アン
製作総指揮:フレデリック・ドニギアン
音楽:ピエール・アデノ
レア・セドゥ/ヴァンサン・カッセル/アンドレ・デュソリエ/エドゥアルド・ノリエガ
ミリアム・シャルラン/オードレイ・ラミー/サラ・ジロドー

------------------------------------------------------------------------

☆原作本

美女と野獣 (角川文庫)

美女と野獣 (角川文庫)

  • 作者: ボーモン夫人
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1992/05
  • メディア: 文庫



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。