So-net無料ブログ作成
検索選択

ボーダーライン [映画:は行]

その善悪に境界(ボーダー)はあるのか

160324.jpg

「その善悪に境界(ボーダー)はあるのか」
キャッチコピーがしっくりくる作品。

メキシコの麻薬カルテルを撲滅するため
特殊部隊に参加することになったFBI捜査官のケイト。
彼女が物語の中で見たり感じたりすることをそのままに
映画を見ながら体験しているような気持ちになります。

麻薬戦争の現実に驚愕して翻弄されて
そのリアルな描写は悲惨で、作戦は謎だらけで全貌が見えず
絶えず不安感がつきまとい、疑心暗鬼になっていく、、、

ある意味「正しい人」であるケイトの中の常識や正義は
果たして本当に、この麻薬戦争を解決する「正しい」方法なのか?
と分からなくなってくる。。

世の中、その立ち位置や状況や目的によって、
常識や善悪も変わってくる。

あの現実の当事者になったときに、私はその境界を超えるだろうか、、
私の境界はどこだろう。。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。