So-net無料ブログ作成

メイズ・ランナー [映画:ま行]

その「迷路(メイズ)」は、どこまでも迫ってくる。

150512_1.jpg

壁のビジュアルが大きくて不気味でドキドキ☆
少年たちが独自にコミューンを展開してて
15少年漂流記的な甘酸っぱさにニヤニヤ
さすがティーン小説原作だけある設定と展開。
逆に小説はどんな感じであの壁が描写されてるのか気になる。

「ハンガーゲーム」とか「ダイバージェント」
好きな人はストライク!かも。
さらに「CUBE」「LOST」「バイオハザード」を足して割った感じ。

2部につながるラストが「んーーー」って感じだっただけに、
次回作を観るかどうかは微妙なところ。

------------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://www.foxmovies-jp.com/mazerunner/home.html
原題:The Maze Runner
監督:ウェス・ボール 脚本:ノア・オッペンハイム
ウィル・ポールター /カヤ・スコデラーリオ/パトリシア・クラークソン/トーマス・サングスター
ディラン・オブライエン/アムル・アミーン/キー・ホン・リー/ジェイコブ・ラティモア

------------------------------------------------------------------------

☆本は気になる

メイズ・ランナー (角川文庫)

メイズ・ランナー (角川文庫)

  • 作者: ジェイムズ・ダシュナー
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/04/25
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ラン・オールナイト [映画:ら行]

N.Y.中に、狙われた男

150511_1.jpg

ダメ親父が頑張るシリーズにハズレなし!
N.Y.中に追われる、、という感じではなかったけど
今回も軽く平均点超えで楽しめます。

そしてもう一人大物オヤジのエド・ハリス!
ハゲてておじさんなのに、こんなにかっこいいなんて。
今作は親子愛の他に、男同士の友情もあってエドとリーアムのやりとりは必見です。

150511_2.jpg

全体的に出演者のおじさん率が高い映画ですが、
リーアムの息子役でイケメン俳優のヨエル・キナマンが、
ほどよくおじさん率を中和してくれています。
海外ドラマの「THE KILLING」のヨエルも良かったな〜。

150511_3.jpg


監督は「フライト・ゲーム」などのリーアム作品や
「エスター」などを撮ったジャウム・コレット=セラ
相変わらず音と映像にキレがあります。
実写版「AKIRA」の監督に再度就任してるけど、実現するかな?楽しみです。


------------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/runallnight/
原題:RUN ALL NIGHT
監督:ジャウマ・コレット=セラ 脚本:ブラッド・イングルスビー
リーアム・ニーソン /エド・ハリス/ジェネシス・ロドリゲス/ジョエル・キナマン
ボイド・ホルブルック/コモン/ブルース・マッギル/ホルト・マッキャラニー

------------------------------------------------------------------------

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

脳内ポイズンベリー [映画:な行]

恋する?恋しない?ただいま脳内会議中!

150508_2_1.jpg

繰り広げられる脳内会議と空回る現実。。
理性、ネガティブ、ポジティブ、衝動、記憶。
どれが欠けてもうまくいかないけどバランス難しい。。

脳内であんなにいろいろ考えてても相手に伝えないと意味がない
言葉の重みを知ってる大人だからこそ、その一言に慎重になるし
考えすぎて失敗もするのかも。

西島秀俊のメガネ姿と桜田ひよりの可愛らしさに撃沈です。

そういえばピクサーで公開予定の『インサイド・ヘッド』
女の子の感情が擬人化して描かれる設定。
世界的に流行ってるの?脳内会議。


------------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://www.nou-poi.com/
原題:脳内ポイズンベリー
監督:佐藤祐市
真木よう子/西島秀俊/神木隆之介/吉田羊
浅野和之/古川雄輝

------------------------------------------------------------------------
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シンデレラ(実写版) [映画:さ行]

本当の魔法は、あなたの勇気

150508_1.jpg


ディズニー長編アニメの実写版シリーズ。
前回「マレフィセント」はイマイチだったからな、、、
しかし「マレフィセント」はアニメ映画のサイドストーリー的な内容だけど
今回はアニメの実写版。あの世界観と物語を実写でどう表現されているのか。
というところが、やっぱり一番気になるところ。

150508_2.jpg

わたし的には全体のファンタジー感は好きな世界。
家のまわりの森の世界や、助けてくれる仲間の動物たちもかわいいし、
そして何よりも時々フェルメールの絵画みたいなショットがたくさんあって、
それはそれは美しい光と影と色使いでした。

物語もアニメは舞踏会で見て一目惚れ!って感じで
外見だけで判断してない?という感じだったけど、
現代版は、ちゃんと出会って会話して中身を知って好きになる。
そういうところにイマドキな気遣いを感じます。

150508_3.jpg

でも、全体的に物語としてみたらやっぱり物足りない。。。
アニメじゃ気にならなかった部分が気になっちゃうのが実写の辛いところ。
アニメに微妙に引っ張られてるのが実写版がうまくいかない理由かも。

シンデレラ役のリリー・ジェームズは本当にかわいい☆
それに比べて王子様のイケメン度がいまいち低いのが残念。

ケイト・ブランシェットを活かしきれてない気もするし
ヘレナ・ボナム=カーターも、もったいない感じだったかなー。

個人的にはガチョウがちょいちょい見切れてたのがツボでした。

150508_5.jpg

そして大人になって改めて
なぜガラスの靴だけ12時過ぎても残ったのか?
という疑問が。。。
いろいろ調べてみると、ガラスの靴だけは魔法で何かを変身させてわけじゃなく
魔法使いが持ってたものだから。という説があるらしい。
なるほど!たしかにそんな設定だったかも。そして納得☆


------------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://www.disney.co.jp/movie/cinderella.html
原題:Cinderella
監督:ケネス・ブラナー 脚本: クリス・ワイツ
リリー・ジェームズ/ケイト・ブランシェット/リチャード・マッデン/ホリデイ・グレインジャー
ヘレナ・ボナム=カーター/ヘイリー・アトウェル/ノンソー・アノジー

------------------------------------------------------------------------
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。