So-net無料ブログ作成

ルーム [映画:ら行]

はじめまして、「世界」。

160402.jpg

7年間の監禁生活から社会に適応していく親子を描いた物語。
個人的にこのような事件は、犯人の身勝手さが本当に腹立たしくて、
あの状況の中で7年間「逃げる」という希望を捨てずにいた主人公の
精神力の強さは素晴らしく、脱出を決行した勇気も、どれだけ怖かっただろうか、、
と考えると泣けてくる。

こういう事件があると「なぜ逃げなかったのか?」
という愚問を聞くことがあるけれど、その答えは「生き抜くため」で、
それ以外に理由なんてないじゃないかと映画を観て改めて感じました。

彼女の監禁生活の中での希望は息子のジャックで、
「部屋」で暮らす二人はまるで双子みたい。
二人で一つのような親子が、外に出たことでそれぞれが
別々の人間に見えてくる過程がすごかった。

個々のアイデンティティーを取り戻していくことは大切なことだけど、
二人にとってはとても過酷なことだったのではないかという気がする。

ジャック役のジェイコブ君の演技が本当に素晴らしく、
彼が戸惑いながらもどんどん「世界」を受け入れて成長していく様子は、
若葉がすくすくと育っていくようで、
この辛いテーマの映画の中でキラキラした清涼剤になっていました。

やっぱり子供は「希望」の象徴ですね。


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。