So-net無料ブログ作成
検索選択
映画:わ行 ブログトップ

藁の盾 [映画:わ行]

日本全国民が、敵になる

130422_1.jpg

久々に邦画です☆
大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也などメジャーな役者さん勢揃い。
監督は「十三人の刺客」などの三池崇史。
個人的には作品によっては好き嫌いが別れることの多い監督ですけど、
毎度期待してしまう監督の1人です。

原作は木内一裕の同名小説
マンガ『BE-BOP-HIGHSCHOOL』の方なんですね!

130422_2.jpg

物語は孫娘を殺害された政財界の大物が
「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」
という新聞広告を掲載した事で、賞金を得ようとする人たちと
清丸を移送する警察との攻防を描いていきます。

反省の色の無い犯罪者を命がけで守る意味があるのか、、、
揺れるSP達の心と、裏切り者はだれ?というサスペンス
賞金獲得の人々とのアクションなど、盛りだくさんの内容です☆

広告が掲載されてから、清丸を保護して移送が始まるところまでの展開は
とってもテンポよくてドキドキ。爆発とかとっても派手。

いろんな人がつぎつぎと賞金欲しさに襲ってくる感じもゾンビ的でよかったし、
SPや刑事たちも本心が分かりかねる感じがハラハラしました。

130422_3.jpg

、、、が。
後半から、急に物語が失速してくのが残念。。
ちょっとしたボンミスで人が死んで行ったりするのも、
詰めが甘い感じがして、緊張感が無くなってしまった感じです。

物語の設定はすごく面白そうだったのにな〜。

大沢さん演じるSPの心の動きも大事なポイントだったと思うのですが、
なぜ最後にあの決断をしたのか、、など、結局彼の心のうちがイマイチわからず。。
なんとなく誰にも共感できないまま終わってしまった感じ。残念。

130422_4.jpg

犯罪者は小児性愛者として藤原さんが演じていたのですが、
どうしても彼は小児性愛者っぽくなかったな。。。
もっと低体温な感じのは虫類っぽい人の方がよかった気がします。

あと。警察官を演じていた岸谷五朗さんは
だんだん柳葉敏郎化してますね! 室井さんみたいな。
そのうち物まねする人がでてきそう☆

そんな中で、若手警察官を演じた永山絢斗さんが今回はよかったです!

全体的に、ちょっとずつ惜しいかんじの映画
特に前半良さそうだっただけに、残念だったな〜。

------------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/waranotate/
わらのたて
監督:三池崇史 音楽:遠藤浩二
脚本:林民夫 原作:木内一裕
大沢たかお/松嶋菜々子/岸谷五朗/伊武雅刀/永山絢斗/藤原竜也/余貴美子/山崎努

------------------------------------------------------------------------

☆原作

藁の楯

藁の楯




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ワンヴォイス ~ハワイの心を歌にのせて~ [映画:わ行]

この瞬間は未来のために。いま奏でられる、ひとつの歌声。

110916_1.jpg


日本人に大人気のハワイ♪
陽気でのんびりとした現地の人々、やわらかい空気、
さわやかな風とまろやかな波。キラキラの太陽。

とってもキレイな宝物のような島ですが、
その島がたどって来た悲しい歴史についてはあまり知られていないかも。

自分たちのアイデンティティに対するハワイアンたちの強い気持ち。
民族に対する、誇りと愛がひしひしと伝わるドキュメントでした☆


110916_2.jpg

ハワイには“カメハメハ・スクール”という
ハワイアンの血を引く子どもたちが通う学校があるそうで、
そこで毎年開かれている合唱コンクールが舞台です。

アメリカの合唱というとドラマ「glee」とかを思い浮かべるけど、
こちらは90年も続く伝統行事。正統派の合唱です。

そして何よりも大切なのはハワイ語で歌うこと

ハワイ語は長年使用が禁止されていました。
言葉や文化を奪われて支配されていたんですね。。

あまりにも長い間禁止されていたので、今ではしゃべれる人が少ないとか。

今ではハワイ語を守ろうという動きが活発にあるようで、
この合唱コンクールもそういう部分からも大切なイベントなんですね。


110916_3.jpg

自分の国の言葉って、なにげなく使っているけれど、
言葉って大切なんですよね。。

映画の中でも高校生たちが歌詞の意味を理解して歌うことで、
自分たちの民族の歴史や伝統を学んで行く姿が泣けてきます。。

テーマはそんな真面目な内容なんですが、
単純に、高校生の歌声は美しくてとっても癒されます♪

人の声っていいな〜。

東京での公開はすでに終わってるんですが、
とても好評だったようで、1週間だけ再度公開されるようです。

見逃した方は是非、映画館のいい音で彼らの声を聞いてみてください☆



------------------------------------------------------------------------
【公式サイト】http://onevoicemovie.jp/index.html
原題:ONE VOICEbr /> 監督: リゼット・マリー・フラナリー

------------------------------------------------------------------------


☆ハワイにはたくさんの曲がありますね♪

ハワイアン・メレ ミニ全集プラス301曲

ハワイアン・メレ ミニ全集プラス301曲

  • 作者: 鳥山 親雄
  • 出版社/メーカー: 文踊社
  • 発売日: 2011/04
  • メディア: 単行本


☆「涙そうそう」のハワイアンカバー

カマヒヴァ~ベスト・コレクション・ワン

カマヒヴァ~ベスト・コレクション・ワン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/06/21
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

私の中のあなた [映画:わ行]

「もう姉のドナーにはならない。」

091007.jpg


キャメロン・ディアスが母親役に初挑戦!
ゴシップでもキャメロンの坊主頭が話題だった作品☆

白血病の姉のドナーとなるために遺伝子操作で生まれた妹。
11歳の妹が臓器提供を拒んで両親を訴える…というストーリー。

遺伝子操作、臓器提供、、と
その是非を問うような内容かとおもいきや、
それを通して、家族や命、生きる事を描いた温かい映画でした。

主人公は訴えを起こした妹、、ですが、
姉、弟、母親、父親、、
それぞれの立場からの目線も丁寧に描かれています。

いろいろな考えや、やり方が違っても
みんなの想いは「愛」であり「家族の幸せ」。

いろんな愛し方があって、
そこには正解も、不正解も無い分、難しい。。
でも大きな愛をかけたものは、どんな結末であっても
ステキな何かを残してくれます。

「難病もの」という究極の素材を使いながら、
テーマは普遍的で、シンプルなことが
この映画の美しさな気がします。

実際に映像も美しい♪
特に、家族で出かけた海のシーンは
詩的な感じで、心に残ります☆


家族だけでなく、脇役の弁護士や判事も魅力的に描かれていて、
映画に深みが加えてます。お見事!

キャメロンの話題が先行してましたが、
登場する役者さんは実力は揃い☆

主人公の妹は『リトルミスサンシャイン』のアビゲイル・ブレスリン。
弁護士には『レッド・オクトーバーを追え!』アレック・ボールドウィン。
判事には『ワーキング・ガール』のジョーン・キューザック。

海外ドラマでおなじみの顔も☆
白血病の姉には『ミディアム』アリエル役のソフィア・ヴァジリーヴァ。
弟には『CSI;マイアミ』でホレイショの息子役のエヴァン・エリングソン。

ちらっとですが『BONES』のブレナン博士役のエミリー・デシャネル
医師役で登場してます。


久々に観た、心に残る素敵な映画☆
今度は一人で。おもいきり泣きながら観たいわぁ♪


【公式サイト】http://watashino.gaga.ne.jp/


☆原作は小説。

わたしのなかのあなた (Hayakawa Novels)

わたしのなかのあなた (Hayakawa Novels)




nice!(10)  コメント(20)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画
映画:わ行 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。