So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

橋を渡ったら泣け@シアターコクーン [舞台]


気になる劇作家、土田英夫の脚本を生瀬勝久が演出した舞台。
出演者も、八嶋智人、大倉孝二、戸田恵子など、
くせ者揃いのそうそうたるメンバー。

ストーリーは、災害で生き残った男女7人のコミュニティーに、
流れ着いた男一人が加わったことから始まります。

登場人物のキャラの違いもたっていて、
絶妙な間合いの会話としぐさでかなり笑えます。

なんとなく生瀬さんの顔が浮かんでくるのは、
やっぱり彼の演出だからなのか、、、
計算された、真面目な感じがするのは、生瀬さんぽい気がしました。

お話としては、意外に重いテーマでビックリ。

権力を持つことで変わっていく人の姿は、
未見ですが、「ラストキング・オブ・スコットランド」を思い出したり、
災害で窮地に追い込まれた人の姿は、「日本沈没」を思い出したり、
なんとなく「今の時代」なテーマなんですかね、これは。

「自分だったら、どうなるだろう?」と考えてしまいました。

ラストは、今後に希望を残す感じでさわやかだけど、
ちょっと自分的には物足りない感じ、、そこがちょっと残念。

でも、2時間を超える上演時間・休憩無しを一気に魅せられる舞台は
すごいなぁ、、と思います。

出演者アンケートで「一番タフだと思う人」として全員に指名された戸田恵子さん。
本人は「皆ダメだと思う」と答えてたのがウケました。
わたしも、サバイバルになったら、戸田さんについて行きたいです☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。